施設版 Q&A

使用方法・設置場所等

Q1. どのような施設が対象になりますか。

主に介護施設内のお客様の居室でのご利用を想定しております。個室はもちろんのこと、多床室でのご利用も可能です。

Q2. どのようなシーンで使うことを想定されますか。

導入当初はお客様の状態把握と介護スタッフさんの業務負担軽減を想定したご利用をおすすめしております。特に夜勤時間帯でのご利用が効果的です。

Q3. どのようなセンサーですか。

空間センサー「LASHIC-room」、睡眠センサー「LASHIC-sleep」、ナースコール「LASHIC-sleep」をお客様のニーズにあわせてご提案いたします。
詳細の使用については担当にお問い合わせください。

Q4. お客様・利用者様への影響はありますか。

センサーは全て非接触・非装着型で、お客様への影響や制限事項はなく、普段どおりの生活を違和感なく送っていただけます。

Q5. インターネット環境がないと利用できませんか。

インターネット環境は必須となります。適切な動作環境を確保するための仕様を定めておりますので、担当にご相談ください。

Q6. 既に無線LAN(Wi-Fi)環境がありますが使えますか。

接続する機器台数が多く通信頻度も頻繁であるため、一般的な事務用ネットワークでは使用できないケースが想定されます。
現在の環境のままご利用いただけるかどうかを専門業者が調査いたしますので担当にご相談ください。

Q7. どこに取り付けますか。

お客様の居室内(個室)に設置する場合、LASHIC-roomをベッド側に向けた壁面に取り付け、LASHIC-sleepをマットレスの下に取り付けさせていただくのが一般的です。 個別の取り付け位置について、施設様ごとにご相談させて頂きます。
なお、取り付けは基本的に専門業者が対応させて頂きます。

データの確認方法等

Q1. 見守りのデータはどのように見ることができますか。

パソコンやスマートフォン・タブレット端末などのブラウザ(インターネットを見るためのソフトウェア)とインターネット環境があればどこでも見られます。
スマートフォン用アプリ(無料)もご用意しております。(iOS端末(iPad、iPhone等)及びAndroidOS端末対応)

Q2. 異常時の警告・通知はどのように知らされますか。

緊急度の高い、ナースコール、心拍異常については、スマートフォンアプリのプッシュ通知機能により、音やバイブでリアルタイムにお伝えします。
温・湿度異常など、即時対応が必要でないと想定される異常通知については、ブラウザ画面上に異常通知を表示してお知らせいたします。

導入までの流れ

Q1. 導入を検討したい場合はどうすれば良いですか。

お問合せフォームよりご連絡ください。営業担当がお客様のニーズをヒアリングしたうえで、ご提案させて頂きます。

Q2. 具体的にどのような流れになりますか。

①お問合せ
お問合せフォームよりご連絡ください。
②ご説明
資料のご提供、サービスのご説明をさせて頂きます。
③調査・デモ
現地調査とご要望のヒアリング、デモのご提供をいたします。
④お見積り
現地調査と緋杏リング結果をもとに見積書をご提示いたします。
⑤ご契約
ご提案内容に同意頂き、発注書をご提出頂いたうえでご契約となります。
⑥工事・導入
ネットワーク構築完了後、各居室への製品の設置をもって完了いたします。